いつまでも安全に暮らしたいなら外壁塗装をしよう

地域密着型の塗装業者に

塗装

地域に適した塗料や施工

夏は暑さが、冬は寒さが厳しくなりがちな京都では、外壁塗装が必要不可欠とされています。なぜなら現在の京都の戸建て住宅では、熱と冷気の影響を受けやすい外壁材がよく使われているからです。外壁材は具体的には、夏には暑さで膨張し、冬には寒さで収縮します。これを繰り返すことで、徐々にもろくなっていきますし、放置しておくと、ヒビが入ったり欠けたりします。それを防ぐために京都では、定期的な外壁塗装で、外壁材の耐久性が高められているのです。特に、京都の気候を熟知している地域密着型の塗装業者には、人気があります。季節ごとの気温はもちろん、降雨量や降雪量、風向きなど、京都の気候を十分に考慮した上で施工するからです。というのも外壁塗装では、下塗りと中塗りと本塗りといった具合で、外壁材に複数回塗料を塗ることになります。それぞれの乾き具合を確認しながら、次の塗料を塗る必要があるのですが、乾き具合は気温や湿度によって大幅に変化します。しかしその変化の度合いをしっかりと把握していれば、計画的で効率の良い施工が可能となるのです。さらに京都の塗装業者は、暑さと寒さとに強いセラミック系塗料を取り扱っていることが多く、その点からも注目を集めています。セラミック系塗料の塗膜には、一般的な外壁塗装で使われているシリコン系塗料の塗膜の数倍もの厚みがあります。その分断熱性が高いため、塗ることで外壁材はよりしっかりと熱や冷気から守られることになるのです。